Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この方法で確実にダイエットをすることができました

痩せるために一番効果的な方法は、食事制限です。

 

もちろん、有酸素運動で脂肪を燃焼し、筋肉トレーニングで基礎代謝を上げることも大切ですが、運動で消費できるカロリーなんてたかが知れています。

 

たとえば、体重50kgの人が30分間ランニングをして消費できるカロリーは220kcal。

 

約シュークリーム1個分です。シュークリームなんてものの数分で食べ終えてしまいます。30分走り続けるより、シュークリーム1個我慢するほうが簡単ですよね。

痩せる食事で大切なことはタンパク質を多くとることです。

 

まず自分の基礎代謝を算出します。基礎代謝=一日の摂取カロリーとします。

 

基礎代謝とは、動かなくても人間が生きていくためだけに必要なカロリーなので、普段の生活でカロリーを少しでも消費していれば、この方法で痩せる以外ありません。

 

次に摂取する3大栄養素の割合を算出します。最初の一か月は、炭水化物を43%、タンパク質を43%、脂質は14%以下にします。25歳で身長160cm、体重50kgの女性の場合、基礎代謝が約1300kcalです。

 

3大栄養素を割合であてはめると、炭水化物559kcal、タンパク質559kcal、脂質182kcalとなります。

 

これをg(グラム)に直します。小学校の家庭科で習ったでしょうか、炭水化物は1gで4kcal、タンパク質も1gで4kcal、脂質は1gで9kcalです。

 

すると、一日に摂取できる3大栄養素の量は、炭水化物140g、タンパク質140g、脂質20gとなります。

 

ここから献立を考えます。炭水化物はご飯から摂ると考えると、1日約333gのご飯を食べることができます。

 

お茶碗1杯が大体150gですから、1日に食べていい量はお茶碗2杯とちょっとです。

 

タンパク質も140g摂取できます。私の経験上、これだけの量のタンパク質を食事から摂るのは結構疲れます。

 

タンパク質は満腹感が得られるため、カロリー制限をしていてもお腹がいっぱいになってしまいますし、肉などを噛むのも疲れます。

 

コンビニのサラダチキンは1個あたりタンパク質が25~30gほど含まれています。

 

1日に5個ぐらい食べなくてはいけません。食事のボリュームとしては十分、もしくは多いと感じるのではないでしょうか。

 

脂質に関しては、無理に摂ろうとしなくても調理油やドレッシングなどで上限に達してしまうので考えなくてよいです。葉物野菜のカロリーは考えなくても大丈夫です。

 

じゃがいもやかぼちゃ、根菜などは炭水化物を多く含むので、食べる場合は」ご飯の量を調整します。この食事で1か月過ごしたら、今度は栄養素の割合を、炭水化物33%、タンパク質47%、脂質20%に変更します。

 

計算が面倒くさくなったら、とにかくタンパク質を目標量摂取して、炭水化物少なめ、野菜多めにすると良いです。

 

タンパク質の量が増えて大変なのでプロテインを飲んだり、おやつでプロテインバーを食べることもおすすめです。この方法で必ず痩せます。

 

参照:ベルタこうじ生酵素で着実に痩せることができるって!?

,,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です